限定的な方法

ちびっこtwins放浪記 > 暮らし > 限定的な方法

限定的な方法

民事再生という方法は住宅のローンも含む重債務に悩んでいる方々を救済するために、マイホームを手放さずに経済的にやり直すための法的な機関による手段として2000年11月に施行された選択肢です。

 

この法律には、破産とは異なり免責不許可事由はないために、競馬などで借金した場合においても申請はOKですし、破産をすれば業務が不可能になってしまう業種で仕事をされているような方でも手続きが検討できます。

 

破産申告では、住宅を手放さないことは考えられませんし、その他の選択肢では元金自体は戻していくことが必要ですので住宅のためのローンを含めて返していくことは多くの場合には簡単ではないと思われます。

 

でも、民事再生という手続きを選ぶことができれば住宅のためのローン以外での借入は相当なお金を圧縮することが可能ですので余裕をもって住宅ローンなどを支払いつつそのほかの借り入れ分を払い続けるようにできるということです。

 

いっぽうで、民事再生は任意整理による手続きや特定調停といった処理とは異なってある部分のみの債務を切り取って処理することは不可能ですし破産申請に適用されるように借金それ自体帳消しになるということでもありません。

 

それから、それ以外の処理と比較しても若干こみいっていて手間もかかりますのでマンション等のローンが残っていて住居を手放したくない場合などを除き、破産宣告等それ以外の整理ができない時だけの限定的な手段と考えるのがいいと思います。

 



関連記事

  1. 限定的な方法
  2. とにかく時間をかけて食べる減量作戦
  3. テスト